一般家庭向け太陽光発電システムが本格的に販売されるようになってから既に10年以上経過していますが、現在に至るまで太陽光発電システムはさまざまな進化を遂げてきました。

システムそのものの性能向上ももちろんですが、発電システムの取り付けに関する技術も向上し、現在や色々な屋根に太陽光発電システムを取り付ける事が出来るようになりました。

 

 

屋根の形状は太陽光発電システムの取り付けに多大な影響を及ぼす場所なので、太陽光発電を導入する際は屋根の形状にあった商品を選ぶようにしましょう。

日本の家屋の屋根には様々なパターンがありますが、その内の一つである半切妻屋根は別名ドイツ屋根といわれており、日本では比較的メジャーな形状の屋根として知られています。

 

 

半切妻屋根の形状は日本で一番ポピュラーといわれている切妻屋根の一部を切り取ったような形をしており、見る人に柔らかい印象を与える屋根としてデザイン面でも好まれているタイプの屋根なのですが、太陽光発電システムを取り付ける場合は切り取った分だけパネルを設置できるスペースが減少してしまうという欠点がありますが、それを差し引いても広いスペースを確保する事が出来るので過度に心配することはありません。

 

 
離婚の無料相談はこちらです。